皆が盛り上がるクラスTシャツの参考にしたいデザインを解説

体育祭や文化祭など、行事に向けての練習や準備は忙しいものですが、ぜひともこだわりたいのがクラスTシャツの作成です。オリジナルのデザインTシャツが会場で目立つことは間違いないですし、皆でお揃いのTシャツを着ることによって団結力や一体感はより一層増すでしょう。オリジナルのデザインTシャツといえば、漢字が目立つ四字熟語や格言、メッセージ性があるものも良いですし、オリジナルキャラクターを大きくプリントするのも魅力的です。コーディネートも考えてオシャレに決めたければ、使用する色の数を控えてロゴのみを入れると、行事が終わった後も普段使いができるTシャツになります。工夫次第で様々な見せ方、着こなしができるのがクラスTシャツの良さです。アイディアを出し合うことで思い出に残る特別なTシャツとなるでしょう。

目立つこと間違いなしのオリジナルデザインを選択

せっかくオリジナルのクラスTシャツを作るのですから、デザインをじっくり検討したいところですが、1からデザインを考えることは初心者にとってなかなか難しいものです。クラスTシャツといえば、クラス名を入れ、さらにクラス全員の名前を入れたものが定番です。クラス目標を入れたものも、そのクラスらしさが出て良いでしょう。背番号風に出席番号を大きくプリントするのも良いでしょう。こだわりのデザインで他のクラスより目立つには、パロディ系のデザインが人気です。遠目に見ると有名なブランドロゴのように見えますが、よく見てみるとクラス名が入っているというデザインが、いわゆるウケ狙いという点で支持されています。しかし、オリジナルであるからこそ、クラスTシャツを作成する際には著作権や肖像権に触れないように注意が必要です。

世界に一つのオリジナルデザインを形にする

デザインが決まったら次はプリントに取り掛かりますが、お金が掛かることですので学生にとってはなるべく安く抑えたいところです。仕上がりを重視し、さらに全員分のクラスTシャツを用意するとなると、業者に注文するのがベストでしょう。Tシャツ専門店に注文するメリットは、サイズの取り揃えが豊富であり、Tシャツを素材から選択することが出来ます。手書きのデザインも綺麗に修正してプリントしてもらうことが可能です。同じ文字の並びでも字体が違うだけで雰囲気が変わるのも楽しめます。料金に関しては、学割が適用されるサービスもあるので事前に調べて活用することをお勧めします。行事の集中していないオフシーズンの割引や他のクラスと一緒にまとめて注文するなど、裏技もあります。業者によって金額にはバラつきがあるのでまずは見積もりを取るのが良いでしょう。