パワーストーンの歴史を考える

基本的にパワーストーンの歴史に関して紐解くと、その昔の自然進行にまで行き着くという説があります。自然には様々な人知を越えた不思議な力があるのだという畏怖畏敬の念によって、自然は崇め奉られてきました。そのため、様々な人々が石には不思議な力が備わっていると考えたのです。

そのため、地域によっては呪術の道具として使われており、現代でもその名残が残っている地域もあるといいます。また、地域によっては毒だしや病気を防ぐ効果を期待しているものなどもあると考えられていました。とはいえ、現代に至るまで何らかの不思議な力があると信じられていたのですが、現代のようにスピリチュアルについて深く知るきっかけなどもなかったといわれています。ではいつごろから、現代のようにパワーストーンについての正確な認識が誕生したのでしょうか。調べてみると、1980年代にアメリカで石のもつヒーリング効果についての解釈への再評価が行われるようになりました。そのため、系統だった石の持つ意味などについて様々なシチュエーションや材質、更にケアについても大変独特の評価が実施されたといえます。それまでは実際に通信販売などで販売されていた意思などについてもかなり偏っており、魅力的なものというのはほんのわずかなものであると考えられていました。しかし80年代のその再評価によって、今までまったく知られることのなかった様々な意思についての認識が深まり、多数のパワーストーンが正しい認識を持って紹介されるようになりました。その後、80年代後半から90年代の前半にかけて、占星術者を中心に多くの人によって日本に紹介されました。日本人にとって話題となったのは多くのメディアで紹介されるようになったからであり、定着が早まったため大きなブームが巻き起こり、生活面でパワーストーンに魅力を求めていた人々が増えたのが事実です。

そのため、日本国内では90年代以降から起こったというのが確かな情報といえるでしょう。日本でも昔から石に対して独特の価値観を持っていたため、自分たちでどのような行動をとったらいいのか、どの生活を実施したらいいのかなどを受け入れやすかったのだといえます。日本人独自の発想によって様々な石の魅力について、多くの人が魅力的に感じているといえます。また、石の意味は複数存在しており、多くの人に喜びを与えている様々な石のケアの方法などを中心として、魅力的なものを効率よく回復させることができるといえるので、評判が高いといえます。