パワーストーンの効果を知る。

「石」にも色々な種類がありますが、なぜ「パワーストーン」だけが巷で珍重されているのでしょうか?名前の通りその石にパワーが宿っているのでしょうが、それではどの石にどんなパワーがあるというのでしょうか?以前からこのことに疑問を持っていた私は、ネットの力(パワー?)を借りて色々と調べてみました。今回皆さんに紹介したいのは、この調べた結果分かったことです。

まず、特定の石に不思議な力があるということに真っ先に気付いたのは、紀元前の古代人達だったようです。王族や貴族達が装飾品として身に付けていた美しい石が、この「パワーストーン」の元祖だと言われています。やがて「パワースポット」と呼ばれるようになる世界の古代神殿の御神体のほとんどが、岩や石を材料として作られていることが、その信憑性の高さを裏付けているように感じられます。また、「パワーストーン」と呼ばれている石からは、特殊な波動が発せられていると言われています。一番顕著な例としては、「鉱石ラジオ」が挙げられます。黄鉄鉱などの鉱石の整流作用を活用しているこのラジオの電波を受信するアンテナの部分には、クオーツ時計に使われている「水晶発振子」の原理が応用されているそうです。チベットやインド、中国などでは、薬石治療に石が使われていることは有名で、石のもつ力の凄さには、知れば知るほど驚かされます。ここからは、皆さんがきっと一番気になっているであろう各種パワーストーンの持っている効果についてです。一番人気の「金運・財運」を高める効果があると言われるものには、「トルマリン」「タイガーアイ」「ルチル」「シトリン」などがあります。見た目から「タイガーアイ」が一番人気みたいで、よくブレスレットとして販売されているのを見かけます。

しかし、一番人気であるが故、偽物も出回っているそうなので、購入する際はちゃんとした専門店からにした方が良いと思います。次に「恋愛・結婚運」を高める効果があると言われるものには、「アクアマリン」「ダイヤモンド」などがあります。細かく開運目的別に分けると、「幸せな結婚がしたい」なら「アクアマリン」、「愛を確かなものにしたい」なら「ダイヤモンド」、「上手く気持ちを伝えたい」なら「ターコイズ」といった感じです。婚約指輪に「ダイヤモンド」が選ばれるのは、上記のような意味が含まれているからなんですね。他にも「健康運」を向上させたければ「水晶」、「人間関係運」向上には「エメラルド」といった具合に、目的にあわせて上手にパワーストーンを身に付けていきたいものです。