PCB処理における仕組み

PCB処理は化学的や熱的に安定しており、電気絶縁体において優れることより、熱媒体や変圧器、コンデンサなどによる絶縁油に広く使用されてきていました。その一方において、化学的安定性のために環境中において分解されることなく地球規模による汚染が進んでいること、また国内においてはカネミ油症事件が発生するなど、その有害性に関して問題になっていることから、昭和の頃に製造や輸入などが禁止されており、その後、国内においては長期にわたって処分がされずに保管が続けられてきましたが、平成に入ってポリ塩化ピフェニル廃棄物における適正なPCB処理の推進に関連している特別措置法が制定されており、その後、これに基づいてPCB廃棄物基本計画が策定されていくと同時に、全国5か所における拠点的広域処理施設が設置されて、中間貯蔵や環境安全事業に関する法人によって処理が行われております。

PCB処理とはどういうものか

廃棄物の中には処理をする段階で有害な物質が発生する可能性があるものもあります。PCBはポリ塩化ビフェニルのことであり、処理をする方法によっては有害物質が発生する可能性があります。人体にも大きな影響を与えるものなので、無害になるように注意をする必要があります。PCB処理については国からガイドラインも発表されているので、その通りに処理をする必要があります。今は処理をする段階で有害な物質が発生することを押されてくれるポリ塩化ビフェニルもあります。環境のことを考えているのであれば、無害化されているものを導入するとよいです。基本的に有害物質が発生することが考えられるので、特別管理産業廃棄物に定められています。法律に従った処理をしなければ、罰せられることもあるので、法律を守った処理を行う必要があります。安全のためには必要です。

PCB処理の歴史を学ぶ

PCBとはポリ塩化ビフェニルのことを言います。この物質は性状が安定していて、燃えにくく、電気の絶縁性が高いという性質があり、変圧器・コンデンサ等の絶縁油、熱交換機の熱媒体または感圧複写紙といったものに利用されてきました。ただし、性状が安定しているという特質は一方で環境で分解されず、人の健康を害することが確認され問題となりました。PCBが食用油に混入して、多大な障害を発生させたカネミ油症事件を耳にした人も多いでしょう。これにより、PCBが問題となり、製造の中止や回収を義務付ける法律が作られました。今から40年も前のことです。しかし、今またPCB処理が問題となっています。国は処理施設の建設を進めましたが、失敗。廃棄物として保管されているはずのPCBが漏えいするとの問題も生じています。処理の進捗の遅れも存在し、処理期間は平成39年3月末までとのばされました。こういったことを受け、現在は、助成金等の制度も設けられ、力を入れて対応しています。